子供

子どものおもちゃの選び方 対象年齢に注意

子どもにおもちゃを買ってあげるときには、対象年齢に注意する必要があります。特に、低年齢の時には要注意です。なぜかというといろいろな危険が潜んでいるからです。特に、0歳から2歳程度の小さい子どもです。もちろん、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば対象年齢が上のおもちゃが家にたくさんあることになります。でも、その子どもが第一子であるのであれば、できるだけ対象年齢にあったおもちゃを買うようにしてください。

一つは、対象年齢に達していないと純粋に遊べないからです。買ってあげてもなかなか遊べないことになります。二つ目には、誤飲の可能性が高くなります。特に0歳や1歳は、なんでも口に入れたりします。その月齢にあったおもちゃであれば、あまり小さい部品はありません。でも、対象月齢が上のものだと口に入ってしまうことがあります。もちろん、これは目安ですので親が大丈夫と判断したものに関しては問題ないのかもしれません。

目の届く範囲で遊ばせるのであれば、大抵はどんなものでも大丈夫でしょう。でも、ずっと見ていられないのであればその時は危ない危険がちょっとでもあるものは外すようにすることが必要です。おもちゃで子どもが事故にあったら元も子もありませんからね。ちょっとの気配りで防げるものですしね。年齢に達していないものをいただいでもすぐに与えるのではなく、その年齢に達した時に出してあげるのもいいかもしれません。親の判断が重要です。

更新情報